待遇良し、未経験歓迎、高収入、再就職可能などの求人をお探しなら、お祝い金支給型求人サイト「転職ターミナル」で。

新型タクシー専用車両ジャパンタクシー

今までのタクシー専用車両はTOYOTAのクラウンコンフォードや日産のセドリックが主流でしたが、TOYOTAはクラウンコンフォードの製造を中止して次世代のタクシー車両としてジャパンタクシーを開発しました。
ジャパンタクシーはユニバーサルデザインタクシーとして2017年10月に発売されました。乗降時に掴まりやすい様アシストグリップや後部座席にはリヤ読書灯、充電用USB端子など様々な装備が付いています。
ユニバーサルデザインタクシーの特徴でもある車イスでの乗降もスロープを使用して車イスに乗ったまま利用できます。今まで唯一の難点であった車イスの乗降の為のスロープ設置時間なども改良版車両が2019年3月から発売されたました。改良版はなんと乗降時間が3分に短縮されたようです。